エネルギー事業におけるグループシェアードサービス(HR)のあるべき姿に向けた標準化・集約化

クライアントが抱えていた課題

現状は、SSCとして、グループ各社より個社それぞれの業務で受託しているため、サービスの型が未確立となっている。

SSCがグループの経理・人事機能を集約し、ガバナンス強化と効率化を推進する役割を担うこととなり、SSCの標準化・効率化が課題となった。

レイヤーズのアプローチ

・グループシェアードサービスとしての業務標準化を図る上で、
  ①グループ各社の人事給与制度傾向
  ②受託業務傾向(アウトプットの種類・業務プロセス 等)
  ③システム傾向(人給システム、勤怠・WF、データ管理体系・機能利用範囲)
 を調査し、標準化・効率化の実現性からサービスパッケージパターンを整理

・過去のベンチマークから、各社の工数を基に、グループ各社・SSCの効率化効果と標準化・再委託・テクノロジー化から期待されるインパクトの算出

・グループガバナンス・効率性の観点から、SSCが巻き取るべき機能を精査し、あるべきHQ/SSC/グループ各社の機能配置・運用組織・業務管理の仕組みを構築

・また、グループ各社に対し、共通人事・給与システムを導入する上でのPKG選定を行う

成果と顧客満足

グループシェアードサービスとしての集約化の型ができることにより、単純な各社の業務体制や業務レベルだけを考慮するのではなく、効率化効果が最大化できる業務・システムの型を定義できた。

大規模・中規模の会社の効率化はもとより、業務体制が十分に取れず、資金力のない中小企業に対しても、シェアードサービスの姿を確立できた。

SSCとしても、標準化・集約化に向けたマスタースケジュールが構築できたことにより、導入体制・運用体制のバランスを取りながら推進することを可能とした。