精密メーカーにおけるイキイキ働き方改革

クライアントが抱えていた課題

本社機能の優秀な若手社員の退職が増加しており、社員全体としてもモチベーションが下降気味であり、モチベーション向上に悩んでいました。

レイヤーズのアプローチ

人の活力状況の見える化のみならず、仕事・業務の見える化も同時に実施しました。
 
1.人の活力状況の見える化

  • 個人別、チーム別にイキイキ度を調査
  • イキイキ度に影響を与えるドライバーの特定
  • イキイキ度向上のための施策検討・実施準備
  •  

2.仕事・業務の視える化

  • 業務成熟度分析(各業務の現状レベルと目指すべきレベルの見える化:本来業務の特定)
  • 業務量分析

【図1】真の働き方改革には「仕事」と「ヒト」の両輪アプローチが必要

成果と顧客満足

社員としては、他部門からの依頼などせざるを得ないルーティン業務に追われてしまい、本来業務(当該組織のミッションに基づいた付加価値の高い業務)にシフトすることがイキイキ度に直結することがデータ的に判明しました。
また、「メンバーへの信頼」「自己効力感(社会やお客様に貢献している)」がイキイキ度のドライバーと判明しました。

さらには、チーム別にイキイキ度の差が激しく、ドライバーも異なるため、チーム別に施策を検討しました。いわゆるテーラーメイド人事施策を実施したことで、「モチベーション向上のきっかけになった」とお客様からご満足いただけました。

関連するコンサルティング事例

お仕事のご相談や、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
セミナー開催予定など最新ニュースをご希望の方はメルマガ登録をお願いいたします。