layers consulting

営業改革

営業改革とは

営業改革とは自社の業績向上のために営業部門の在り方を見直し、営業体制・組織を変更することです。
企業は常に外部環境の変化に柔軟に対応し、組織の体制や構造を変えることによって、継続的に成長していく必要があります。その中でも営業部門は、短期的な売上目標達成の責任を負い、クライアントの意向により売上・収益が左右される部門であるがゆえに、企業の中でも保守的な部門だと言われています。したがって、営業部門の改革においては売上・利益・生産性などを厳しく管理しても思うような効果は上がりません。営業戦略の構築からはじまり、道具・体制・推進の三要素を揃えて営業改革に取り組む必要があります。

営業改革に取り組む意義

営業改革に取り組むメリットとして、以下の3点が挙げられます。

  1. 効率よく収益を生み出せる
    他部門・他営業拠点との情報共有がスムーズになり、収益性の高い大手の顧客に対して効率的対応することができるようになります。
  2. 働き方改革につながる
    営業部門の生産性が向上することで、連携している他部門の負担が軽減され、各部門の働き方改革にもつながります。
  3. モチベーション向上につながる
    労働時間あたりの成約数が上がれば、担当者のモチベーションにも大きく影響します。そしてさらに良い環境を積極的に作ろうとする原動力にもなります。

このように営業改革に取り組むことは、ビジネス上のメリットがあるだけでなく、社員のモチベーション向上にもつながります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。