ローコード/ノーコード

ローコード/ノーコードとは

ローコード(low-code)とは、従来のプログラミングでは必須となるソースコードをほとんど記述することなく開発作業を行う手法や、それを支えるツールのことです。
一方、ノーコード(no-code)とは、ソースコードを一切記述することなくシステム構築を行う手法や、それを支えるツールのことです。

 

両者の違いは、ソースコードの記述量にあり、ローコードは必要最低限のソースコードを記述するのに対して、ノーコードとはソースコードを一切記述しない開発手法です。
なお、従来の開発手法であるソースコードを記述するスクラッチ開発は、ローコード/ソースコードと対比して「プロコード」と呼ばれています。

 

ローコード/ノーコードと従来の開発手法であるスクラッチ開発との違いは、システムの拡張性です。
ローコード/ノーコードは、プログラミング作業を大幅に簡略化することで、生産性の向上、コスト削減、エンジニアの技術ハードルを下げられます。

ローコード/ノーコードが求められる背景

ローコード/ノーコードが求められる背景としては、DXの推進が最も大きな要因です。
経済産業省のDXレポートで発表された「2025の崖」にもあるように社会にとってDXの推進は重要な課題です。
しかしながら、現在はどの業界においても慢性的にIT人材の不足に陥っており、高度な技術力を持ったエンジニアやプログラマーは希少な存在です。
そこで、開発速度や品質、安定性などを一定水準に保つことのできるローコード/ノーコードに注目が集まっています。

 

【主に利用されているローコード/ノーコード製品】
ローコード
■kintone(サイボウズ社)
■Lightning Platform(セールスフォース・ドットコム)
■PowerApps(マイクロソフト社)

 

ノーコード
■Webflow(LikePay社)
■Anyflow(Anyflow社)

【図1】国内企業におけるローコード/ノーコードの導入状況