layers consulting

リアルタイムマネジメント

 DX時代の到来によって、ITは単なる省力化の道具ではなく、ビジネスそのものになっています。その事により、私たちが望む、望まないにかかわらず、デジタル技術の進歩によってリアルタイムでデータが入ってきてしまう時代は目の前に迫っています。そんな時代にデータを活用し、リアルタイムマネジメントを実践するにはどのような方向性で進めばよいのでしょうか。

1.リアルタイムマネジメントとは

 リアルタイムマネジメントとは、従来のPDCAサイクルをリアルタイムで回し、緊急事態や異常事態にリアルタイムで対応していくマネジメント手法です。

 

<リアルタイムマネジメントに求められること>

 では、リアルタイムマネジメントはどのような状況において求められるのでしょうか。リアルタイムマネジメントとは名前の通りリアルタイムで分析を実施し、分析の結果異常等が発生した場合、その時の状況に応じて対応を行うというマネジメント手法です。つまり、その場その場に応じての対応が必要になり、リアルタイムで管理できるシステムや基盤環境が必要ということです。リアルタイムマネジメントにおいては、業務量が予測より多い場合にはサポート要請や残業の実施、業務量が予測より少ない場合には休憩時間の増加、早退・任意休等その場に応じた対応を行うことで従業員の負荷を減らすことが可能です。

2.リアルタイムマネジメントの実例

 リアルタイムマネジメントの実例を紹介します。

 

<リアルタイムマネジメントの実例 レストラン>

 レストランにおけるリアルタイムマネジメントとは、予測されていた来店者数に対して著しく多い、または少ない来店者数に対する措置です。状況を悪化させないためリアルタイムに状況を把握し、適正な対応を取ることで不測の事態に対応します。
 来店者数の予測が正確であることがベストですが、天候や突発的なイベント等、当日にならないと予測できない場合もあるでしょう。その際人材やコストをいかに無駄にしないか、活用するかがカギとなります。
 例えば、予測よりも来店者数が多い場合。リアルタイムで他店舗の来店状況やシフト状況を確認し、比較的来店者数の少ない店舗からヘルプを要請する、もしくは当日シフトに入っていないスタッフに出勤を要請するなどの対応が必要です。逆に来店者数が少ない場合は、他店へのヘルプに回すもしくは休ませる、事務仕事に回すなどの対応をとることでコストの削減、人材の有効活用につながります。
 このように、その場に応じて対応することでリスクを回避することができるのです。

3.リアルタイムマネジメントを実践するには

 リアルタイムマネジメントを実践するにあたって、3点ポイントがあります。

  1. 既存の考えや枠組みを壊し、デジタルで再構築すること
    リアルタイムマネジメントを実践するにあたり、環境を整えることは欠かせません。事業形態に合わせたシステム構築や体制づくり、ルール作りなど基盤をしっかり固めたうえで取り組むことで、より強固なマネジメント体制を整えることができます。
  2. フレキシビリティ性を強化し、変化に強い経営資源づくりをすること
    また、構築したシステムや企業形態には柔軟性が必要です。リアルタイムマネジメントは実践したうえで不測の事態や異常事態にどう対応するかがカギとなります。そのような事態にフレキシブルに対応できる企業づくりを行うことでリアルタイムマネジメントは成功します
  3. 経営資源を効率よく組み合わせてビジネスを最適化する全体アーキテクトを描くこと
    今あるシステムや人材、資源をどう活用し、どう変化させたらリアルタイムマネジメントに対応できるのか、全体の設計を見直し、対応することが重要です。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。