layers consulting

ピープルマネジメント

1.ピープルマネジメントとは

 メンバー(ヒト)一人ひとりの挑戦や成長に向き合い、企業・組織のパフォーマンス向上に繋げるマネジメントのことです。マネージャーはメンバー一人ひとりのエンゲージメントやモチベーションが、高い状態を保ちイキイキと仕事に励めるようにサポートします。

2.「個」の人財情報のピープルマネジメントへの活用

 従来の「ビジネスマネジメント」では、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった経営資源を適切に管理することで、組織の成果を最大化することを目指すマネジメントが主眼でした。マネージャーの役割は組織目標達成に向けた監督・資源管理が重要で、ヒトに関しては、人員数・人件費の統制・管理が中心でした。
 一方「タレントマネジメント」では、メンバー(ヒト)一人ひとりのスキル・経験・個性等の情報を可視化・一元管理し、戦略人事として活用することに主眼がシフトしました。「タレントマネジメント」は経営や人事部のみで行うものではなく、メンバー(ヒト)の情報を各ビジネス部門・現場のマネージャーが「ピープルマネジメント」に活用することが望まれます。

3.ピープルマネジメント実践のポイント

 人財データベースとして、「個」の情報を見える化します。個人のスキル・経験だけでなく、現場での1on1等でのマネージャーによる活用を想定し、各メンバーのエンゲージメントの状態やキャリア志向・働き甲斐に対する考え方等も見える化することが望まれます。人財データベースの構築のみならず、マネージャーのマネジメントスタイルの変革・教育等も重要になります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。