SX(サスティナビリティ・トランスフォーメーション)

SX(サスティナビリティ・トランスフォーメーション)とは

SXとは、Sustainability Transformation(サステナビリティ・トランスフォーメーション)の略称で、企業が長期的な「持続可能性」を重視した経営に方向転換することです。
企業が稼ぐ力とESG(環境、社会、ガバナンス)を両立できるように企業経営を変革していくことを指します。

SXが求められた背景

2020年8月28日に行われた「サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化検討会」中間取りまとめにおいて、SXが提言されました。
新型コロナウイルスの感染拡大や世界的な気候変動など、企業経営の周辺環境の不安定性が一段と増しているため、中長期の対話を前提に、「企業のサスティナビリティ」と「社会のサステナビリティ」を両立させ、企業経営のレジリエンスを高めていくことが重要です。