産業機器メーカーにおける間接経費コストダウン

クライアントが抱えていた課題

国内での事業を主軸に展開を図るクライアント企業において、国内市場の成熟化にともない売上が伸長しにくくなる中、じわじわと年々上昇する間接経費に頭を悩ませていた。間接経費の中には多くの種類の費用が含まれており、どこにムダがあり、各費用がどこまで下がるのかの目安もつけにくく、どこからどう手をつけて良いかわからない状態にあった。他方、各事業で使う経費を一律削減しいてしまうと、本来必要な費用も削ってしまうリスクも含んでおり、非常にセンシティブなテーマでもあった。

レイヤーズのアプローチ

間接経費の削減余地を抽出すべく、4週間という短期間で、客観的な視点からでコスト削減余地の分析・調査を実施した。

分析アプローチは、
 ①「ベンチマークアプローチ」
 ②「原価推計アプローチ」
 ③「リバースオークションアプローチ」
 ④「そもそも論アプローチ」
の4つの手法を駆使して実施した。

「ベンチマークアプローチ」では、当社が持つ市場水準(コストテーブル)や他社水準等比較の観点から、過剰コストを検知し、削減余地を抽出していった。

「原価推計アプローチ」では、業務委託系のコストについて、委託業務のコスト構造を分析し、労務費や管理費、その他経費を積算し、適性コストを見積もっていった。

「リバースオークション・アプローチ」では、当社の専用システムを活用し競争入札を実施して、最安値の業者へ切替検討を行った。

「そもそも論アプローチ」では、部門間や発注先間との比較の観点や、そもそもの必要性の観点から、過剰コストを検知して、削減余地の検討を行っていった。

今回の1か月のクイックレビューの結果、2桁億規模の削減余地が抽出された。削減余地を算出するだけではなく、すぐに効果の高いものを優先的に実行に移せるよう、交渉のプランニングも並行して詰めていった。

成果と顧客満足

これまでどこをどのようにコストダウンしていけばいいか、どこから手を付けていけばいいのか頭を悩ませているところをたった1か月で削減余地が明確化でき、日々流出する経費について、早期に全社のコストダウン活動に繋げていくことができ、利益改善に貢献することができた。