エネルギー卸・小売業に対する業務改革

クライアントが抱えていた課題

高齢化・人口漸減を背景に、既存の商圏において売上拡大が見込めない中、利益を確保していくためには、受発注・請求・支払等の業務効率化が喫緊の課題だった。

レイヤーズのアプローチ

当初、システム化が先行して進行しつつあったが、システム導入に飛びつく前に、まずは業務効率化等の業務改革を行うことに軌道修正。ゆくゆくは業務集約化を狙っていたため、各支店でバラバラになっていた業務の標準化を最優先に検討した。

標準業務の設計にあたっては、現行の業務を踏襲するのではなく、当社のアセットであるエネルギー卸業務・小売業務の業務テンプレートをもとに大胆な改革を目指した。

また、全社への展開にあたっては、比較的影響力を持っている支店を選定し、その支店でフィージビリティを確認したうえで、全支店へ展開する方式をとったため、スムーズに全社展開を完了。

成果と顧客満足

当初予定していたスケジュールよりも半年前倒して、事務センターの立ち上げに成功し30%程度の効率化が実現された。

また、システム導入についても必要な機能を見極めたため、当初想定コストに対して削減することができた。

 

関連するコンサルティング事例