金属加工業の企業におけるパッケージ及びベンダー選定支援

クライアントが抱えていた課題

クライアントでは「販売」「購買」「会計」等の業務領域で汎用機上のスクラッチ開発システムから脱却し、パッケージ製品を導入することで、システムの保守性の向上やコストダウンを目指した。

当社はパッケージ製品導入の前哨戦としての業務標準化を受嘱したが、その一環でパッケージ製品の選定についても相談を受け、関与することとなった。

レイヤーズのアプローチ

上記依頼に対し、当社が提供した支援は以下4点。

1.パッケージ候補をどう絞るか

2.ベンダー候補をどう絞るか

3.提案依頼書(RFP)をどう作るか

4.提案をどう評価するか

  • 何を目的としたシステム導入かの定義。また、目的に応じた予算設定
  • 業務要求(機能要件)と非機能要求を明らかにする。その際、パッケージソリューションに業務要求を合わせ、導入・運用予算枠に収めることを徹底
  • 社内の運用能力、周辺システム網羅、導入時/導入後リスクの洗い出し
  • 請負、応答時間、環境性能等契約事項の定義
  • 必須/任意の評価項目設定(機能要件のfittingリスト、体制・メンバプロフィール等)、採点~選定プロセスの定義
  • 業務機能の評価者と、ITインフラ機能の評価者は、スキルの関係で同一者であるのは難しく、これを担当わけして評価いただく形とした。
  • また「販売」「購買」「会計」等の業務領域間で評価が割れた場合、予算内であれば領域別に違う製品の導入となるルールをあらかじめ定め、クライアント内、応札業者に周知した(結果的に、評価は割れなかった)。

成果

評価者より、納得できる製品/ベンダー選定であったと評価され、導入中も製品/ベンダーに対する疑義(選定責任追及)は起こらなかった。

ベンダー選定後もベンダーの監督者(PMO)およびパッケージに合わせた業務要件整理担当者として継続関与を要請され、のち品質管理者としての側面も付加され、稼働後の定着促進(ロールアウト)まで関与した。