組織・風土改革

企業・組織のPurpose(存在意義)、Vision(一定期間に達成したい未来)、Mission(その未来に近づくためのステップ)の実現のための「ありたい組織文化(組織としての当たり前)」を定め、風土変革・定着化を支援します。企業・組織のPVMVC*策定、ありたい組織文化形成に向けた施策(組織・仕組み・コミュニケーション等)の企画・実践を行います。(*PVMVC:Purpose、Vision、Mission、Value、Culture)

”攻め”と”守り”の両輪で価値を高める風土改革の考え方

組織・風土改革は、最終的に「企業価値向上」に寄与しなければなりません。
当社では、企業価値向上に向けた風土改革を”攻めの価値向上”と”守りの価値向上”の両輪でアプローチすることで、改革効果を高めます。
「攻め」の観点では、社員エンゲージメント指数や自社ブランド(評価)指数を高めることで、価値創造を実現します。
「守り」の観点では、ハラスメントやコンプライアンス違反を撲滅することで、リスクの抑止を実現します。

【図1】組織・風土改革推進の考え方

望ましい組織・風土を構築する上での重要視点

望ましい組織・風土を構築する上での重要視点

組織・風土が望ましい方向性で育まれるよう、PVMCモデルで企業のパーパス・ビジョン・ミッションとの一貫性をストーリーをもって構築しなければなりません。

 

パーパスは企業にとっての存在意義そのものであり、土台とも言えます。この土台の上に組織・風土が成り立ちます。

 

ビジョンは一定期間に達成したい未来の姿であり、パーパスという土台の上で成立します。そのため、パーパスとビジョンのつながりの延長に組織・風土が形成されます。

 

そして、ミッションは現実的で具体的な達成内容のステップであり、ビジョン実現とその土台にあるパーパスの具体化です。

 

これら全てのつながりをストーリーとして成立させた上で経営者・管理職が体現することで、社員の理解・納得が得られ、望ましい組織・風土が形成されます。

【図2】PVMCモデルによる組織・風土改革ストーリー構築

レイヤーズの組織・風土改革アプローチ

当社の組織・風土改革アプローチは、大きく2段階です。

 

Phase1は「カルチャーシフトロードマップ策定」として、全体をプランニングするPhaseです。本フェーズでは、改革の幹となる”ありたい姿”を描き、ありたい姿と現状のGAPから課題を抽出します。課題は複数且つ多岐に亘る場合が多いため、根本原因となる真因を特定します。その上で、真因解消に向けた取組概要を定め、改革推進のロードマップに落とし込みます。

 

Phase2は「個別施策の詳細化と実行計画の策定・導入・実践」です。本フェーズでは、各施策を詳細に設計・開発した上で、実行計画に落とし込み、現場を巻き込んで施策の実践と定着を図ります。また、施策推進状況のモニタリングと効果測定を行いつつ、適時必要な変化に対応していきます。

【図3】組織・風土改革アプローチ

組織・風土改革に関連するセミナーアーカイブ

組織・風土改革に関連するセミナーアーカイブ動画を配信しています。ご興味をお持ちいただけましたら是非お申し込みください。

イノベーションを起こし世界で戦える経営の実現のためには

日本企業は、中長期的な成長を見据えグローバル化に取り組んでいますが、現実には事業構造の変革やグループガバナンスなど多くの課題を抱えています。これは多くの企業が現状の延長線上での経営に終始し、グローバル競争に勝ち残るための大胆で非連続な経営変革や事業創造に取り組めていないからです。   本セミナーでは、日本企業におけるイノベーションの実現や真のグローバル経営、それを支える人・組織改革、グローバル経営基盤のあり方をご紹介いたします。 米国で10年にわたり最新の経営学研究に携わられ、ベストセラー「世界標準の経営理論」の著者、「両利きの経営」の翻訳者でもある入山 章栄 氏をお招きし、世界最先端の経営理論から得られるグローバル経営のポイントを、国内外の企業の事例も交えながらご紹介いただきます。    レイヤーズ・コンサルティングからは、以下について講演いたします。   【講演Ⅱ】グローバル企業になるためのイノベーションを創出する『ヒト』で勝つ組織づくり 日本企業に求められるイノベーション創出のための人・組織改革、人的資本経営の本質   【講演Ⅲ】グローバル企業に求められる企業価値向上のための経営管理 グローバル企業として企業価値を向上するためのマネジメント改革、グローバル経営基盤構築 真のグローバル企業への変革を本気で目指している皆様のお申込みをお待ちしております。

お仕事のご相談や、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
セミナー開催予定など最新ニュースをご希望の方はメルマガ登録をお願いいたします。