layers consulting

CAE(Computer Aided Engineering)

CAE(Computer Aided Engineering)とは

CAEとはComputer Aided Engineeringの略称であり、製造業における開発工程において、これまで行われていた実機試作品を用いてのテストや実験に代わり、コンピュータ上のデジタル情報を用いて性能・強度(衝突/落下)・熱・振動などの評価をするシステムです。

CAE導入のメリット

開発期間の大幅な短縮と実機試作コストの削減

コンピュータ上でシミュレーションを行うことによって、試作・実験による評価の回数を減らすことができ、開発期間の大幅な短縮、試作、実験費用の削減が可能となります。

設計品質の向上

解析結果をデータとして管理する事により、不良が発生した場合の原因究明や不良個所の特定や予測が容易になるため、不良トラブルを抑制することができ、設計品質の向上が期待できます。

実測が困難な現象の可視化

熱の伝わり方や気体の流れによる挙動の変化など実測が難しい現象をシミュレーションできるため、実機試験では原因を特定できなかった現象を可視化し、根本的な原因対策が可能になります。

再現困難な環境での結果を得られる

高熱や高圧、暴風雨の際の破損の可能性など、現実でのシミュレーションが難しい条件でも試作品の製造をすることなくシミュレーションを行うことができます。設定を変更すれば様々な条件でシミュレーションを行うことができるため、商品の耐久性を検証する際に有用です。

環境への配慮

試作品を用いての検証には実験環境の構築や実験機の損耗によって、環境負荷がかかります。CAEを活用することにより、廃棄物を削減し、環境への影響を抑制することができます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。