layers consulting

デジタルツイン

デジタルツインとは

デジタルツインとは、フィジカル空間(現実空間)の情報をIoTなどを活用して、ほぼリアルタイムでサイバー空間に送り、サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現することを言います。サイバー空間上で再現することにより、フィジカル空間の監視や解析、またはシミュレーションを行うことができます。

製造業におけるデジタルツイン

  • 設計のデジタルツイン
    「設計」の工程では、既に様々な企業でCADやCAEを使って、部品や製品をサイバー空間で設計し、作成した3Dデータをもとにサイバー空間で解析・検証を行っています。
  • 製造のデジタルツイン
    「製造」の工程では、建屋、設備、プロセスなどをすべてデータ化し、サイバー空間に再現します。
    再現したサイバー空間上で、製造工程やプロセスの改善を行ったり、製造設備の予防保全などを行っています。
  • サービスのデジタルツイン
    「アフターサービス」の工程では、サービス品質向上のためにデジタルツイン技術が活用され始めています。例えば現場でサービスを行っている技術員に対して、CADデータ等から作り出したアニメーションを実際の製品上に表示(合成技術)し、効率的な作業やミス防止を促します。

デジタルツインの最も大きな価値はシミュレーション

今大きな注目を集めているのがCAEです。
デジタルツインの精度を高めることで、理論上、試作無し(試作フリー)を実現できます。
試作フリーを実現することが出来れば大幅な開発リードタイムが実現でき、市場が求める製品をよりタイムリーに供給できるようになります。
ただ、現実的にはまだハードルがあります。例えば、物理モデルの構築とそのシミュレーション手法の確立が必要になります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。