FP&A(Financial Planning & Analysis)

外資系企業ではFP&Aという職種の人々が多く活躍しています。日本企業においては、まだ聞き馴染みがない職種かと思いますが、先進企業や外資系企業ではFP&Aは経理・財務のスペシャリストとして重要視されています。ここではFP&Aという職種について、ご紹介します。

FP&Aとは

FP&Aとは、Financial Planning & Analysisの略で、財務計画立案や財務データ分析などを行う、いわゆる財務のスペシャリストです。FP&Aが分析した財務データは経営戦略や事業に関わる意思決定の判断材料となり、企業の方向性を導く重要な役割を果たします。

FP&Aに必要なスキル

FP&Aは財務のスペシャリストであるため、財務会計や管理会計に関する深い知識はもちろん、他にも分析スキルやデータ活用のスキルなど、幅広い知識や能力が求められます。資格としてはMBA、公認会計士、USCPAなどが歓迎され、他にもビジネス英語やコミュニケーション、ITなど幅広い知識・能力が求められます。ここが日本企業の経理とは異なる点です。

FP&Aの仕事内容

先述の通り、FP&Aとは財務のスペシャリストであり、企業経営の意思決定の判断材料となる分析や管理を行います。つまり、財務状況を見極めて経営や事業に係わる戦略を経営層にアドバイスするのがFP&Aの役割です。