オフィスビルのシェアリング型サービスモデル

クライアントが抱えていた課題

良い立地の土地をおさえて高機能ビルを建設して売るというプロダクトアウト型のビジネスモデルの将来への危機感から、顧客視点のビジネスモデルを検討したいとトップマネジメントが考えていた

レイヤーズのアプローチ

  • 関連プレーヤーである、ビルオーナー、テナント、ワーカーへのヒアリング、競合の先端的取り組み、社会トレンド、3つの調査をしながら叩き台を当社が作成し、一週間に一度ペースで集中検討するスタイルで検討を進めた。如何に差別化できるかという視点でビジネスモデルを抽出し、選定の軸の設定、選定および事業計画策定、PoCまで支援
  • 「オフィス」というモノ売り→ 「オフィスにおける労働環境」 というコト売りに事業定義を変革し、戦略を再構築

成果と顧客満足

自分たちが見えていなかった既存事業の枠を超えたビジネスモデルを見つけてくれたこと、それをポジショニングマップとして経営陣に分かりやすくかつ的確に提示して腹落ちさせてくれた点が評価された。現在はその方向性にもとづき、順次サービスがローンチされている。