金属メーカーにおけるマトリクス経営管理

クライアントが抱えていた課題

IFRS(国際財務会計基準)に会計基準を変えるにあたり、制度設計も整えたいとの希望があった。
従来の会社別三表、事業別PLに加え、今後はそれをさらに事業別をSBU別にブレイクダウンすると共にSBU別B/Sを把握し、SBU毎の安全性・成長性を定量的に計測する事でSBUの自立を促すと共に、企業価値の向上を目指すことが求められていた。

レイヤーズのアプローチ

大きな目的として「業務効率化」と「SBU別B/S管理」の2つを設定。

制度設計として、事業別にB/S管理を実現するための基本構想、コンセプト作りを実施。SBUをバーチャルな企業とみなし、SBU別B/Sを設定するための制度設計を実施した。

また、このコンセプトをベースとしてシステム構築までをワンストップで実施。

  • 会社別予実管理、経費管理、原価管理
  • 部門別予実管理、経費管理、原価管理
  • SBU別連結予算、実績、見込管理(P/L、B/S、C/F)

を実現

成果と顧客満足

会社毎にはB/S管理していたが、事業毎にはP/Lのみの管理で十分という意識から、SBU毎にB/Sを中心とした資本効率マネジメントを実施しなければならないという意識変革に貢献した。また、データ集計作業や入力作業を極力自動化したことによって業務効率は格段に増すことが出来、お客様の満足を得ることが出来た。