大手精密機器メーカーにおけるKPI管理

クライアントが抱えていた課題

海外製造拠点に対して、月次で収集するデータについては標準化を進めており、PLや原価情報は既に管理できていた。しかし、結果のみを収集しているに過ぎず、なぜそうなったのかということについては、データできちんと説明できなかった。
また、各製造拠点内の管理手法については、拠点ごとにバラバラになっており、確固たる型がなかった。
その結果、本部から拠点に対して随時様々な問合せがなされ、データマネジメント、報告業務が肥大化する事態に陥っていた。

レイヤーズのアプローチ

本部として確固たる思想に基づいた「型(KGI/KPIストラクチャ)」を構築し、各種指標の整理・集約を実施。
ストラクチャ構築にあたってはROICを頂点としてブレイクダウンすることで現場KPIまでを紐付けた。

「KGIと紐付いた現場KPIの見える化」に加え、「KGIシミュレーションによる将来予測」の2軸で検討することで、現状の悪さをいち早く捉えた改善活動の迅速化と改善効果を把握した全体感を持った改革を両輪で実現した。

成果と顧客満足

ROICという財務視点での目標値とそこからKGI/KPIストラクチャにより現場のKPIをつなぐことが出来るようになった。
また、ダッシュボードによる見える化によって、これまで手作業で様々なレポートを作成していた業務がなくなり、様々なユーザが同じ情報にアクセスできるようになった。これによりレポーティングの速さや効率性が向上。お客様に大変評価された。