住宅関連メーカーにおけるCCCの改善

クライアントが抱えていた課題

大型M&A等の成長投資に伴い、コア事業のキャッシュ創出力を高める事を中期経営課題とし、経営指標としてCCCを設定し、全社的な改善活動に着手し始めていた。

レイヤーズのアプローチ

タスクフォースとして、徹底的な可視化により、どの事業・部門で改善余地があるかをターゲティングを実施した。

営業・生産・購買それぞれに推進リーダーを任命し、対象となる顧客・製品・製造ライン・取引先を特定し、アクションの立案・実行を推進。月次での改善進捗モニタリングを行い、タスクフォースの資源配分についても支援をした。

成果と顧客満足

CCC定量目標の前倒しを達成した。