小売業における在庫回転率向上

クライアントが抱えていた課題

これまで店舗数を拡大し、売上・利益拡大を目標指標としてきたが、新中期経営計画で資本効率を新たな経営目標として掲げた。

重点施策として店舗在庫回転の適正化を進めていきたいが、商品部門・店舗では日々のオペレーションに忙殺されており、在庫の分析もままならない状況にあった。

レイヤーズのアプローチ

先ずは数十万のSKUの単品別在庫分析を行って、滞留品・過剰在庫を特定し、多くの改善在庫を抱えるカテゴリーの関連部門の業務を横断的に分析して、発注方式・需要予測方法の見直しを実施した。

また、最適在庫を維持するための業務ルールとシステム改修を行った。

成果と顧客満足

改善対象在庫の半減と適正水準を維持する業務オペレーションの確立を実現した。