エネルギー会社における経理業務改革

クライアントが抱えていた課題

エネルギー会社において、経理業務がそれぞれの担当で属人化しており、引継ぎ資料やマニュアルもなく、人が辞めてしまうと業務がブラックボックスになってしまう。また、多くのエクセルを駆使した業務になっており、経理担当の業務は集計作業が主となってしまっていた。決算においても早期化、正確性の担保が課題となっていた。

レイヤーズのアプローチ

我々のアプローチとして、いきなり今の現状の業務をマニュアル化するのではなく、今の業務を改革して、あるべきの業務に変えてから、マニュアル・手順書の作成に取り掛かることとした。
業務改革は、現状業務の視える化からスタートして、標準化、集約化、IT化、外部化の5STEPアプローチで進めた。業務改革は成功し、あるべき業務の姿にすることができた。

その中で決算早期化にも取り組み、現状業務で決算が遅れている理由を明確にし、改善施策を実施していた。

いよいよ業務マニュアル・手順書の作成に取り掛かり、実際にメンバーが業務を遂行しながら、作成を進めていった。
特にこのクライアントでは、リースの貸し手側(レッシー)のリース会計処理のところで、正確性も含めた課題があり、業務手順レベルでの詳細な業務マニュアルを作成した。

成果と顧客満足

業務のスリム化効率化ができ、また業務の標準化もできたことで、ブラックボックスであった担当ごとの業務が視える化された。マニュアル・手順書も完成し、業務の引継ぎ、ローテーションもスムーズ行うことができるようになった。
またGW明けまでかかっていた決算業務がGW前には終了できるようになり、お客様からは大変満足との評価を頂いた。