クラウド

クラウドとは

クラウドとは、クラウドコンピューティング(Cloud Computing)の略称であり、サーバーやソフトウェアなどを使用者の管理する施設内に設置せずに、インターネット経由でサービスを利用することを指します。
一方で、サーバーやソフトウェアなどを使用者の管理する施設内で設置して運用することをオンプレミス(on-premises)と呼びます。

クラウドのメリット・デメリット

クラウドのメリットは、オンプレミスと比較して少ない初期費用でクラウドサービス事業者からスピーディーに導入することができます。クラウドのメリットは、オンプレミスと比較して少ない初期費用でクラウドサービス事業者からスピーディーに導入することができます。
また、メンテナンスや障害対応をクラウドサービス事業者に委託できます。

一方で、デメリットはインターネットを経由するという都合上、情報の送受信には常にセキュリティリスクにさらされます。
また、クラウドサービス事業者が提供する契約内容やプランに依存するため、オンプレミスと比較してカスタマイズが難しい点が挙げられます。

クラウドの利用状況と目的

総務省の通信利用動向調査によると、クラウドの利用状況は年々増加しており、多くの企業で様々な目的で採用されている。

【図1】企業におけるクラウドサービスの利用状況

【図2】企業のクラウドサービスの利用目的