CRMシステム

CRMとは

CRMとは、「Customer Relationship Management」の略称で、顧客管理または顧客関係管理という意味で、企業が顧客の情報の収集や分析を行い、顧客に応じたきめ細かい対応を行うことで顧客との間に長期的で良好な関係を作り上げ、顧客満足度の向上や取引関係の継続に繋げる経営手法のことです。
情報過多の現代において、顧客を知るということが非常に重要になっています。
顧客の属性情報や購買履歴に基づいた分析を行うことで最適な営業・マーケティング施策を実施することができ、顧客ロイヤリティや売上・利益の向上につながります。

CRMシステムとは

ITやクラウドを使ってCRM(顧客管理)を行うシステムのことです。CRMシステムを導入することによって、ありとあらゆる顧客情報の一元管理や分析、顧客を絞り込んだ適切なメールマガジンの配信、お問い合わせ管理、名刺情報の記録・社内共有などを行うことができます。
顧客情報の分析によって顧客に最適な対応をとることができます。また、他部署との情報連携が容易になることで業務効率化に結びつけることができます。
これらのメリットに対し、導入と維持に莫大なコストや手間がかかる、成果が直ぐには現れないというデメリットがあります。
また、CRMシステムはさまざまなものが存在し、それぞれに特徴があります。
従って、自社の業種や業態、コスト、他に利用しているシステムなどを考慮に入れ、適切なCRMシステムを導入することが重要です。