layers consulting

KGI・KPIマネジメント(KGI・KPIストラクチャー)

 ビジネスにおいて、具体的な目標や達成のプロセスを設定することは必要不可欠です。データを上手く活用し目標達成の指標を設定することで、今までは見えなかったものが見えてくるなど、今後の戦略に生かせるようになるのです。ここでは目標達成指数のひとつである「KPI」と「KGI」を用いたマネジメント手法について紹介します。

1.KPI・KGIマネジメントとは

 KPI・ KGIマネジメントは、PDCAサイクルにのっとって進められます。まずは、KPI、KGI、PDCAサイクルといった用語の意味を説明していきます。

<KGIとは>

 KGIとはKey Goal Indicatorの略で、日本語では重要目標達成指標と訳されます。つまり、KGIは最終的な目標となる数値であり、売上目標や営業利益目標など、金銭的な目標が設定されることが一般的です。中間目標として設定されるKPIと異なる点は、KGIで設定される目標は最終目標であるということです。KPIは目標達成の過程であり、そのゴールがKGIにあたります。つまり、まずは最終目標であるKGIの数値を決定させ、そこから中間目標であるKPIを設定することが重要です。

<KPIとは>

 KPIとはKey Performance Indictorの略で、日本語では重要業績達成指標、主要業績評価指標などと訳されます。つまり、KPIは組織の達成目標に対する目標達成度合いを評価するための指標です。KPIは目標達成のための中間的な指標として有効であり、KPIを適切に設定することで組織の目標・方向性が明確になります。

<PDCAサイクルとは>

 PDCAはPlan-Do-Check-Actionの略で、このサイクルを回すことで業務改善を図る際に用いられます。Plan 計画を立て、Do 実行し、Check 確認し、Action 改善する。このサイクルを繰り返すことで継続的に業務改善し、企業の成長につなげます。
 KPI・KGIマネジメントでも、このPDCAサイクルを回しながら最終的なKGI達成に向けた取組を行います。

2.KPI・KGIマネジメントの概要

 ここまでKPI・KGIという用語について説明しましたが、実際にそれらの数値を設定する方法やKPI・KGIマネジメントの流れについて紹介します。

<KPI・KGIの設定方法>

 まず初めに設定するのはKGIです。組織の最終目標を設定し、そのうえで中間目標であるKPIを設定します。
 KGIの設定方法ですが、組織や企業の全員が理解できる単純な数値目標であることが重要です。例えば「年間売上高を30億にする」や「営業利益前年比120%達成」、「年間売上を前年比150%にする」など、その目標を達成するためのKPIが設定しやすい目標数値にします。組織や企業が最終的にどうなりたいのかという目標を明確にし、その目的を達成するにはどのようなKGIを掲げればよいのかを考え、設定します。
 次に、KPIの設定方法ですが、KGIと現状のギャップを埋めるためにしなければならないことを数値に変換し、中間目標として掲げます。例えば、「年間売上を前年比150%にする」というKGIであれば、「今お店に来てくれている人はどのような流入経路で来てくれているのか」「どの商品が人気で、客単価はどれくらいなのか」など、実際のデータを見て現状を分析します。そしてこのKGIを達成するにはどのようなKPIを設定したらよいのか方針を立て、定量的な数値であるKPIを設定します。実際のデータをもとに仮説を立ててKPIを設定することでその精度は上がり、KGI達成に近づきます。

<KPI・KGIマネジメントの流れ>

 では、実際にこのKPI・KGIを設定し、ビジネスチャンスにつなげるためにマネジメントをするにはどのような流れで行えばよいのでしょうか。順にみていきます。
KPI・KGIマネジメントは下記の手順で行います。

①組織や企業の最終目標となるKGIを決める
②KGIと実績値のギャップを確認する
③KFS(Key Factor for Success)の選定とKPIの設定を行う
④KGIとKPIの関係をロジックツリーで表す
⑤前年度の実績などを用いて検証を行う
⑥PDCAサイクルを回す

  1. 組織や企業の最終目標となるKGIを決める
    まずはKGIを設定するところから始めます。先述のとおり、組織や企業が最終的にどうなりたいのかという目標を明確にし、その目的を達成するにはどのようなKGIを掲げればよいのかを考え、設定します。
  2. KGIと実績値のギャップを確認する
    次に、実績と設定したKGIにはどれほどのギャップがあるのかを確認します。これにより、組織や企業の現状を再確認することができ、KPIの設定が容易になります。
  3. KFSの選定とKPIの設定を行う
    次に、KFSの選定、KPIの設定です。KFSとはKey Factor for Successの略で、日本語で重要成功要因と呼ばれます。つまり、KGIを達成するためのプロセスの中でも重要なものはなにか、優先的に取り組むべきことはなにかを明確にするのです。そのKFSを絞り込んだうえで、KPIを設定します。先述のとおり、実際のデータをもとに仮説を立ててKPIを設定することでその精度は上がり、KGI達成に近づきます。
  4. KGIとKPIの関係をロジックツリーで表す
    次に、設定したKGIとKPIの関係性をロジックツリーに表します。KPIをすべて達成すればKGIが達成できる作りになっているか、再度確認し、見える化することが重要です。
  5. 前年度の実績などを用いて検証を行う
    次に、実際に設定したKGIとKPIを実績データに落とし込み、検証を行います。ここでもKGIとKPIの関係性が正しいものか、確認します。
  6. PDCAサイクルを回す
    ここまでの準備を経て、やっと運用に入ります。ここからは実際に運用し、データを集め、振り返り、改善し、再度運用するといったPDCAサイクルを回します。この繰り返しによって、KGIを達成し、企業や企業内の事業・組織の成長につながります。

3.KPI・KGIマネジメントを成功させるには

 ここまで各指標の設定方法からKPI・KGIマネジメントの流れまで紹介しましたが、最後にKPI・KGIマネジメントを成功させるにあたっての注意点を紹介します。

<KPI・KGIマネジメントの注意点>

 KPI・KGIマネジメントを行うにあたって、いくつか注意すべき点があります。

  1. 目的がきちんと明確になっているか
    KPI・KGIマネジメントを行うにあたり、目標設定の明確化は欠かせません。ゴールがあいまいなまま進めると、KPIの設定が的外れなものになるなど、全体の方向性がブレてしまいます。目標はきちんと明確にしましょう。
  2. KGI・KPIの数値は定量化されているか
    KGI・KPIは定性的な指標ではなく定量的な指標にする必要があります。
  3. KPIがKGIに結び付いているか
    KGIを達成するための指標がKPIです。ここの結びつきが正しいものかどうか、KPIをすべて達成すればKGIが達成できるかどうか、KGIとKPIの関係をロジックツリーにして見える化し、確認する必要があります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。