モバイルERP

モバイルERPとは

モバイルERPとは、モバイルデバイスからERP(Enterprise Resource Planning)システムを利用することを指します。インターネットに接続できる環境があれば、場所を問わずにERPシステムへアクセスし、ERPシステム上のデータへのアクセス、タスク実行が可能となります。

モバイルERPのメリット

モバイルERPの最大のメリットは場所を問わずに業務を行うことができる点といえます。リアルタイムでの情報共有が可能となるため、データ収集をより高速かつ正確に行うことが可能となります。
これに伴い、業務効率・生産性の向上、意思決定の迅速化が期待されます。

モバイルERP活用時の留意点

モバイル端末を使用するため、高い利便性を持つ一方で下記のようなセキュリティリスクが考えられます。

1.モバイルデバイスの紛失・盗難

モバイルデバイスは持ち運びが容易であるため、紛失・盗難リスクが高くなります。デバイス上の機密情報の漏洩や後述の不正アクセスにもつながるため、紛失・盗難時に備えた対策を取る必要があります。

2.不正アクセス

各デバイスに対するアクセス制御が不適切な場合、不正アクセスによる情報漏洩のリスクがあります。(例:デバイスに対して設定したパスワード強度が低く、デバイス盗難・紛失時にデバイスを経由した不正ユーザーによる情報アクセス)

3.ネットワークセキュリティ

モバイルデバイスは公共のネットワークへの接続が可能であるため、セキュリティの低いネットワークを使用した場合に、通信の脆弱性による情報漏洩リスクがあります。

4.マルウェア

モバイルデバイスはマルウェア感染の可能性があり、機密情報漏洩のリスクがあります。

これらのリスクを低減するため、モバイルERPの活用においては、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。

お仕事のご相談や、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。
セミナー開催予定など最新ニュースをご希望の方はメルマガ登録をお願いいたします。