ポストモダンERP

ポストモダンERPとは

ポストモダンERPとは、全ての業務を統合したことで複雑化したERPの機能をコア業務に絞り、その他の不足する機能を分野別に最適なクラウドサービスで補完する次世代のERPのことを指します。
従来型のERPは、企業の一連の基幹業務を一つのシステムで実行する単一的で完全統合されたERPです。
基幹業務を一つのシステムで完結させることで、企業の経営状況をリアルタイムで知ることができることが従来型のERPの特徴です。

 

しかしながら、一つのシステムですべての業務に対応しようとした結果、従来型のERPは高度に複雑化したシステムが多く、運用・保守にコストがかかり、また、新しいサービスや他システムとの連携が難しいためにビジネス環境の変化に適応できないといった課題がありました。
(この従来型のERPはモノリシック型ERPと呼ばれ、モノリシックには「一枚岩のような」という意味があります。)

 

ポストモダンERPではERPの機能を業務のコア領域に限定することで、従来のERPと比較して運用・保守のコストを抑えることができ、また、新しいサービスや他システムとの連携が容易なため、ビジネス環境の変化に柔軟に適応することができます。

ポストモダンERPの実現に必要なこと

ポストモダンERPの実現にはまずコア領域の選定が必要です。

自社の基盤となる基幹業務や普遍的な業務を絞り込み、必要な機能を備えたパッケージ化されたERPを選定します。

ERPの機能を限定することで、機動性や柔軟性が向上し、運用・保守のコストを削減することができます。

 

また、コアERPのクラウド化も企業によっては有効です。

コアERPをクラウド化することで、導入コストの削減に加え、システムを常に最新の状態で利用することができるため IT 部門などの負担も軽減することができます。