layers consulting

デジタルトランスフォーメーション

1.デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションとは「DX(Digital Transformation)」と略し、2004年にスウェーデンにあるウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念である「進化し続けるデジタル技術を浸透させることで人々の生活をあらゆる面でより豊かなものへと変革する」ことを指します。日本においては、2018年に経済産業省が「DXを推進するためのガイドライン」を発表し、その定義を企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化、風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とより具体的に定めています。「IT化」はデジタル技術を導入し、既存の作業や業務を効率化することに過ぎないのに対し、「デジタルトランスフォーメーション」はデジタル技術を駆使して、ビジネス全体に変革をもたらすことです。

2.デジタルトランスフォーメーションのメリット

  1. 新規事業の創出
    デジタルトランスフォーメーションはIT化による単なる業務の効率化だけでなく、新規商品サービスの開発・構築や根本的なビジネスモデルの変革を目的とします。つまり、最新のデジタル技術を駆使した新規事業の創出は、社会全体のDX化に大きく貢献します。
  2. 業務の効率化・働き方改革の推進
    デジタルトランスフォーメーションの導入は、業務の生産性を飛躍的に向上させることが可能です。RPAやAIの登場によって、もともと人間が行っていた業務は代替・自動化され、またデジタルトランスフォーメーション導入にあたって業務プロセスを見直すことはコスト削減にもつながります。業務の効率化は、結果的に労働時間や環境の改善に役立ち、働き方改革を実現します。
  3. 市場や消費者の購買行動変化に迅速な対応
    近年、IT新規企業の参入による市場変動やコト消費などの消費行動の変化などが注目されています。企業のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みは、この変化にスピーディーかつ柔軟に対応することを可能にし、企業の競争優位性につながっていきます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。