layers consulting

人事戦略

1.人事戦略とは何か

人事戦略とは、人事業務を経営戦略といった人事以外の要素を踏まえて実施するという、戦略形態です。経営戦略や事業戦略を基にして、これらの達成に向けた人事的文脈での戦略を実行することで、社員の業務効率化や業績向上につながります。人事が経営の重要なファクターとなる中で、人事決定と経営が連動していることが求められています。
似た言葉に「戦略人事」がありますが、こちらは「戦略的人的資源管理」の略語であり、従来の人事だけでなく、会社の経営戦略・目標の実現も補佐しながら人事マネジメントを行うことを指す点で人事戦略と異なります。

2.人事戦略策定のメリット

人事戦略の策定には、人事課題を正確かつ迅速に把握し、採用・育成の質の向上につながるというメリットがあります。戦略立案の過程では、多くの人財情報を多角的に確認・検証することとなります。したがって、より多面的に課題を認識し、改善策を検討しながら戦略を策定できます。結果として、人事機能の質の向上につながり、最終的には経営にも好影響を与えます。

3.人事戦略策定にあたって

人事戦略の策定に際し、事前に確認しておくべきことが2つあります。

  1. 自社の経営戦略・人事機能全体の把握
    第一項で記した通り、人事戦略は、経営戦略を踏まえたものでなければなりません。したがって、人事戦略策定前に改めて自社の理念や目的意識といった方向性を確認し、それらに沿った戦略を練り上げることが求められます。また、現在の人事機能・職掌を俯瞰することによって、機能を活用した戦略や、戦略に即した機能の考察につながります。
  2. 現在の世情
    近年のテクノロジーの進歩や、Beyondコロナといった状況は、働き方といった企業の根幹に影響を与えており、人事に対する意識は高まりつつあります。したがって、世情を把握し、戦略をたてることで、より時代に即した人事が実行でき、企業の評価向上といった人事以外での企業の向上にもつながります。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。