layers consulting

人事システム導入

1.人事システムとは

 人事システムとは、採用や評価、給与計算等、従業員の人事情報を管理するシステムです。具体的には、以下のようなシステムで構成されます。

  1. 勤怠管理システム
    従業員の出退勤の記録を管理するシステムです。定時出退勤のみならず、残業や休日出勤等も管理します。
  2. 給与計算システム
    勤怠データや評価等を元に給与計算業務の効率化を実現するシステムです。勤怠状況や雇用形態が多様化したことによる人為的ミスを防止する役割が大きいです。
  3. 人事管理・労務管理システム
    入社の手続きや、給与計算、各種申請などを行うシステムです。
  4. 人事評価システム
    管理した評価に関するデータを元に、人材育成や人材配置を行うシステムです。
  5. 採用管理システム
    採用の際に使用するシステムで、採用募集から採用確定(内定)までをシステムによって効率化します。
  6. タレントマネジメントシステム
    スキルの可視化による配置や育成(教育・研修等)を行うシステムです。

2.人事システムの導入のポイント

 中長期的人事戦略達成のために、自分の企業はどのような目的で導入するのか確認・把握し、それを元にどの人事システムを導入するのかという最適システムの評価・選定・導入が必要です。
 
人事システムの導入には以下3つの主な目的があります。

  1. システム化による人事業務の効率化
    システム上での人事情報一括管理や人為的ミスの防止によって人事業務の効率化を目指します。
  2. セキュリティ強化
    属人的にではなく、システム上で情報管理を行うため、セキュリティが格段に上がります。万が一、問題等が起こった場合でもログから問題の確認をすることで問題対処することが可能です。
  3. 人材活用
    人事情報(人事データ)を読み取ることで最適な配置による業績増大や正しい人材評価による従業員エンゲージメント・モチベーションの増加、それによる離職率の低下等、人材活用によって様々なメリットが生まれます。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。