layers consulting

働きがい

1.働きがいとは何か

働きがいとは、会社と社員の相互信頼が確立されていることで、社員が会社で働くことに意義を感じている状態を指します。したがって、現在働いている会社で働き続けることを志向している状態とも言い換えられます。社員の働きがいが高まることによって、社員は会社への信頼をもって業務を行うため、生産性の向上や自主退職の減少といったメリットが期待できます。

2.日本企業の働きがいの実態

近年、日本でも「従業員エンゲージメント」という言葉に対する注目度が高まっています。従業員エンゲージメントとは、社員が会社に対して抱く「愛着」や「思い入れ」を指します。従業員エンゲージメント・働きがいを高めるために、各企業は働き方改革を実施しています。
しかし、現状多くの企業は残業規制といった改革にとどまっており、本来社員が求める仕事への熱意を高める改革とは乖離しています。したがって、「やらされ仕事」からの脱却ができず、働きがいが高まっていないのです。実際に日本には熱意のある社員が非常に少ないという調査結果も存在しています。

3.会社での働きがいをより強く感じてもらうには

会社での働きがいをより強く感じてもらうためには、準備が大事です。会社の求める人財像や、その根底となる会社の理念・経営方針を定義する必要があります。会社にとっては社員の働きがいだけでなく、会社の業績向上も重要です。したがって、会社が社員に求めることを明確にすることで、社員は自身の働き方を確立し、会社を信頼して正しく業績向上につながる業務に従事できます。
そして、業務へのコミットが反映される評価システムを構築することも大事です。

当サイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。当サイトをご利用いただく際には、当社のクッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社の使用するクッキーや、クッキーの削除またはブロックの方法については、プライバシーポリシーをご確認ください。